医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために。

医師として仕事を大切にするだけではなく、プライベートも大切にする人生をおくるためには、
    良い病院に巡り会い、そこで働くことが重要課題となります。

休日を中心に医師転職の活動を

仕事をしている人で、合間に医師転職のための活動を行っているという人は少なくありません。しかし、その場合に平日は仕事をする必要がありますので、休日しか自由に活動できない事もあります。

自由に使う事ができる時間というのは、どうしても限られてしあいます。それでも、中には、平日でも仕事が終わってからの時間帯や休日に面接をしてくれる病院もある様です。

仕事をしながら、医師転職の活動をする場合には、特にスケジュールの管理などをしっかりとしないといけませんね。あまり無理にスケジュールを詰め込みすぎるよりも、多少は余裕が必要になってくる事もあります。

自分で管理は徹底しましょう。

医師転職は年収が理由の場合が多い

医師は同じ病院でずっと勤めている人ばかりではありません。むしろ、いろんな病院を転々としている人が多くいるのが現状です。同じ病院でずっと勤められるのは、よほど条件の良いところだということです。

条件に不満があれば、医師転職をすることになります。医師転職の理由で多いのは、年収に不満を持っているということです。医師は儲かる仕事だと思う人もたくさんいるでしょうが、どの病院でもたくさんの年収がもらえるとは限らないのです。こういったところは、普通の企業と変わりありません。どうせ働くのであれば、条件の良いところで働きたいと思うのは誰でも同じです。

医師の転職情報はインターネットなどで調べる

医師の転職情報はインターネットなどで調べることができます。募集している内容は診療科によって大きく違います。最近は産業医や学校医の求人情報が増えているようです。

産業医とは企業の専属医師で、学校医とは学校の専属医師ですがまた、産業医や学校医の中でも特に精神科の需要が高まっています。

これは、ストレス社会の中で精神に関する疾患が注目されているからではないでしょうか。
産業医は労働者の体の健康管理をするだけでなく、心のケアも必要ということです。

健康相談を受けた産業医は相談内容を会社に話すと懲役または罰金に処されるので、相談を受ける際は細心の注意が必要になります。

眼科の医師転職で求められることとは

眼科は診療領域がとても広く、患者さんの年齢も幅広いのが特徴です。そのため、医師転職の際には、老若男女を問わずに対応できる力が求められます。これまでは、コンタクトレンズやレーシックなど、若年層に対するアプローチが主として行われてきましたが、これからは高齢者に対するアプローチが増加するものと見込まれます。

高齢者がかかりやすい白内障や緑内障といった症状に対応する機会はこれからますます増加の傾向をたどるでしょう。そのため、医師転職の際には、人間性や白内障、緑内障の手術経験、手術に対するモチベーションなどが重視されるでしょう。

医師転職に関連するコラム