医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために。

医師として仕事を大切にするだけではなく、プライベートも大切にする人生をおくるためには、
    良い病院に巡り会い、そこで働くことが重要課題となります。

総合病院の精神科の医師求人

総合病院の精神科では精神疾患の急性期に特化した診療を行うことができるため精神科医としてのキャリアを着実に積むことができます。

また内科系の疾患を併発している場合でも総合病院ということもあり他の医師によりフォローしてもらえる環境が整っており専門性に特化した診療を行うことができます。さらには医師求人に応募する際精神保健指定医の有資格者である場合には給与面などの条件も優遇されることになります。

そのため精神保健指定を目指して他科から転科してくる医師も多くいらっしゃいます。全国的にも広く医師求人は募集されていますのでライフスタイルに合わせた働き方を実現させることができます。

精神科の医師求人採用ニーズ動向

ストレス社会の影響により、うつ病が現代病として顕著になったことで精神科医の医師求人は増加傾向にあります。

厚生労働省の調べによるとうつ病の患者数はがん患者の二倍にもなるという結果が出ています。そういった背景もあり精神科の医師求人のニーズは高まっています。

日本では長年にわたり精神疾患に対しては長期入院を伴うことが多かったようです。しかし、最近ですぐに治療が必要な緊急性の場合と時間を要する療養型の場合に分け、それぞれに適した治療方法を行うようになりました。これにより非常勤が多かったのが一転し、常勤の医師求人のニーズが高まるようになりました。

精神科の医師求人応募で必要になる資格について

精神科の医師求人において必要な資格を見ていきます。まずは、医師なので当然ながら医師免許は必ず必要です。

精神科医になるためには、医師の国家試験に合格して免許を取得した後、必要な研修を経る必要かありますが、医師免許以外で特に必要となるものはありません。そのため、結論をいえば、医師求人において必要になるのは、基本的に医師免許のみとなります。

ただ、一定の経験を積んだ後に試験で合格することで得られる精神保健指定医という資格を取得することができ、これを保有していると、より有利な条件で医師求人に応募することができます。

都内の精神科の医師求人の採用状況

都内にある精神科の医師求人の採用状況は至って上昇気味にあります。

有名な病院から少しアクセスに不便な場所に病院を構えているところもありますがほとんどが医師求人が削除され採用されています。やはり、精神科自体が今の時代とても必要な診療項目となっているためか求人も例年に比べ増え始め、それに比例して医師が転職するといった流れが多く見られます。またよほどのない限りは、自分の家庭を持てるくらい余裕ができる科とも言われています。

そして勤務時間の融通が利く事が多いと考えれば医師求人に応募する医師が増えるので転職する医師が多いのではないでしょうか。

医師求人に関するコラム