医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために。

医師として仕事を大切にするだけではなく、プライベートも大切にする人生をおくるためには、
    良い病院に巡り会い、そこで働くことが重要課題となります。

精神科の医師求人の採用倍率について

精神科の医師求人の採用は年々倍率が上がる傾向にあります。人気のある科で毎年採用確率が下がりつつあります。

医師求人自体は雑誌やネットに多く上がっていますが、それはもしかしたら離職率の高い病院であるかもしれません。なぜなら、精神科の医師や看護師は長年勤続する方が多いからです。

また他の科よりも精神科の医師求人は月給が良いので、なにかしら大きな理由もない限り退職はあり得ません。ですので、雰囲気などの下見をして自分との記憶を照らし合わせていく事が大切です。また倍率が低いからと雰囲気の悪い場所を選ばず、倍率が高く雰囲気の良い場所を選ぶことが重要です。

精神科未経験者の医師求人の応募

精神科の医師求人のなかには、未経験でもまったく問題ないといったものもあります。その理由としては、分野としてとても需要があるためです。近年は昔に比べて複雑になり、それゆえに、よりストレスのたまりやすい時代となってきているためです。

そのため、業界的にそういった人材を育てていかなければといった風潮にあることから、この分野の医師求人が増えているのです。社会的に鬱といった言葉も浸透してきており、それらの大きな問題を解決していこうとするのに、大きなやりがいを得ることができる職業のひとつとして人気があるのです。

退職金制度のある精神科の医師求人について

医師求人を探すとき、当然のことながら専門を気にするでしょう。中でもすぐれた求人誌やサイトでなくては優良な求人が見つけられないという声がある科として精神科があります。長く勤めたいという医師も多いことから、福利厚生や休日の制度なども気になる所でしょう。

そして、長く勤めると対象となるのが退職金。医師求人では退職金制度があるか否かといったことが評価の対象となることも多く、精神科においてもその状況はあります。

医師求人を見る際は、その職場で長く勤めることができるかということが高い価値を持つのであり、退職する際の扱いもよく見る必要があるでしょう。

精神科の医師求人の公休日

精神科の医師の公休日ですが、基本的には土日祝日である医師求人がほとんどです。しかし例外もあります。医療法人にもよりますが、土日祝日の勤務は交代勤務である場合もあります。

医師求人を確認する際には自然に医療法人に確認する必要があります。医療法人の採用担当者に確認すると丁寧に教えてもらうことが可能です。ハローワークに求人を出している場合にはハローワークの担当者から問い合わせをしてもらうのも一つの方法です。

ハローワーク以外の求人情報紙や転職サイトからの医師求人情報の場合には、そちらから問い合わせすることもできます。

医師求人に関するコラム